冷え性の女性におすすめのケア

女性の大敵・冷え性

冷え性に悩まされている人は一年中いますが、実はこれはほんの一部で、中には自分が冷え性だという自覚がないまま生活している人もいるそうです。

男性よりも女性に圧倒的に多い冷え性、その理由は筋力の少なさや子宮・卵巣など臓器が多くあるため血液循環が悪くなりやすいことなどが挙げられ、これは女性として生まれ持ったものなので仕方がないことでしょう。
しかし、それとは別に、生活習慣から無意識のうちに進んで冷え性を招いてしまっている人が多いのです!

女性はオシャレをするため、厚い時期は肌を多く露出するスカートやショートパンツ、冬場も見た目を気にして厚着をしない人が多く、いわば1年中薄着状態のまま生活しているといっても良いでしょう。
極端な薄着は、肩こり・腰痛の原因になったり、内臓を冷やしてしまい健康に悪影響を及ぼします。
血の巡りが悪くなることによって引き起こす弊害はとても多く、生理痛の悪化・月経不順、下半身太りなど、どれも女性にとっては嫌なものばかりです。

単純に、冷え性は寒いからなる、とは限りません。実は多くの女性のライフスタイルと冷え性は、悪循環ともいえる関係にあるのです。

近年は、10代~中高年まであらゆる年齢層の女性が、肥満を気にしてダイエットに取り組んでいます。美容ブームで、自分を磨くことに専念しすぎて、健康的は食生活を犠牲にしている人も少なくありません。
過度なダイエットは、脂肪ばかりでなく筋肉も減少させてしまいます。そうなると、体内で血液を巡らせる機能が低下してきて、体温調節がうまくできなくなってしまうのです。
これは、食事制限ばかりで運動をしないことも原因のようです。冷え性の人は汗をあまりかかないのも、これらが関係しているようです。

また、ガードルなどの締め付けが強い下着なども、体の血液を滞らせる要因の一つと言われています。

女性である以上、美を求めるのは良いことですが、そのために体を冷やしてしまっていてはいけないのに、それを自覚しない『かくれ冷え性』の女性もたくさんいるのです。

女性におすすめの冷え性ケア

では、冷え性は女性である以上治せないのでしょうか?

冷え性は、体を温めるように心がけることで改善されると言われています。血液循環が良くなれば、体は内部から温まるので、手足の冷えなどには良い効果があるでしょう。

具体的に、どのようなケアが冷え性に有効かというと、それは意外と簡単なものばかりだということがわかります。
たとえば、薄着で出かけたいなら冷え対策に上着や腹巻・靴下などを身に着けたりするだけでも冷えを軽減することができます。

更に、表面的にだけではなく体の内部から温めることが効果的な冷え性ケアでしょう。
冷たいドリンクは避けて温かいものを取るようにしたり、冷え性に良いとされる漢方やショウガ、酵素などの入ったドリンク剤などを飲むのも有効です。
冷え性ケアのドリンクは、ショウガなどがあれば自作することもできますが、高い効果や即効性を望むのであれば、市販のものを引用すると良いでしょう。

冷え性対策のドリンク剤は、冷え性用のものもありますが、見つからない場合は美容ドリンクでも冷え性ケアをカバーできるものがあるのでそちらを飲んでも良いと思います。
誰でも、どこでも簡単に始められる冷え性対策なので、ぜひ試してみることをおすすめします。

冷え性女性必見!美容ドリンクのモニター

冷え性に良いドリンク、と聞くと漢方やら酵素やら、何だか敷居の高いイメージがある人も多いと思います。
また、体を温め健康へ導くものですから、値段もそれなりに高価なものもあるでしょう。 そのような理由から、美容ドリンクを飲むのをあきらめてしまう人もいるようです。
また、美容のモニターや治験は20代の人が中心のイメージがあり、30代以降の人はあまり関心がなかったりもします。

しかし、30代~50代という治験・モニターの案件も探すと意外と多いのです。
特に冷え性に関しては、女性が圧倒的に多いのと、年齢層があまり限られない症状なので、幅広い年代の人のデータをメーカーは欲しいのです。
そのため、冷え性・美容ドリンクの治験の募集は、かなり頻繁に告知されています。

また、モニターになれば新商品を無料で飲むことができ、効果も実感することができるでしょう。
普段は買うのをためらうような高級な美容ドリンクを、タダで試せるチャンスなので、ドリンクの治験は女性に大変人気があるようです。

冷え性を改善したいと考えている人は、治験やモニターを検討してみてはいかがでしょうか。